がん保険選びの方程式

もし、あなたが「がん」にかかってしまったら、入院や手術の費用のほかに、通院・在宅での抗がん剤治療や放射線治療、先進医療などを受ける場合もあり、かなりの治療費がかかります。

お金の心配の心配をせず、治療に専念できるよう、がん保険でがん保険で保障を手厚くしておくと安心です。
あなたにぴったりのがん保険を選ぶための方程式を、ご紹介します。
まず「がん」と「がん保険」について知りましょう。

がん保険の基礎知識をおさえよう

がん保険は、がんの治療にかかる費用をカバーするための保険です。

がん保険の保障内容は、保険会社や保険商品ごとに異なりますが、次のようなものがあります。

主な給付金 内容
がん診断一時金 がんと診断されたときに給付される
がん治療給付金 がんの治療を受けたときに給付される
がん入院給付金 がんで入院したとき、入院日数に応じた金額が給付される
がん手術給付金 がんで手術を受けたときに給付される
がん死亡給付金 がんで死亡したときに給付される
がん通院給付金 がんで入院し入院給付金を受け取った人が、退院後も通院治療を受ける場合に給付される
先進医療給付金 がんで先進医療を受けたときに給付される
生存給付金・健康祝い金など 一定期間がんにかからず、給付金を受け取る機会がなかった人に給付される

がん保険と医療保険の違いは?

がん保険は「がんの治療を受けるとき」に特化した保険です。
これに対し、医療保険はさまざまな疾病とその治療を幅広くカバーします。

医療保険は入院や手術にかかる費用への保障が中心です。
いっぽう、がん保険はがんによる入院や手術だけでなく、通院での治療や先進医療など、がんに関することなら入院・手術以外の治療も保障されるのが特徴です。

これは、がんの治療が入院・手術だけでなく、通院で受ける放射線治療、抗がん剤治療や、健康保険が適用されない先進医療などさまざまな形で行われるという特性を踏まえてのものです。

がん保険が必要な人は?

がん保険に加入する必要性が高い人は、どのような人でしょうか?

女性は特に必要ながん保険


20代~50代は女性のがん患者が多く、女性特有のがんは若いうちに罹患する率が高い傾向です。

がんにかかる人が多い家系に属する人も、注意が必要です。

例:乳がんの場合
〇9人に1人が乳がんに罹患する
〇ホルモン療法での治療が主流
〇治療期間は5年以上、10年かかる場合も

※参考:がんの統計2021|国立がん研究センター


がん治療の費用や収入の減少が心配な人


がんは入院や手術による治療以外に、通院・在宅での治療を受ける期間が長くなります。

がんの平均入院日数は17.1日ですが、治療期間は長期化する傾向にあります。
また治療は通院が主流となっています。
治療費の支出や、働けず収入が減少することに備えるためにも、がん保険への加入を検討しましょう。

※参考:平成29年患者調査の概況|厚生労働省


がん保険を検討すべき人とは?


〇お子さまがまだ小さい方
〇住宅ローンを組んでいる方
〇収入の減少が心配な方

あなたにぴったりのがん保険を選ぶには?

がん保険を選ぶためのステップは次の通りです。


STEP1 給付金の受け取り方を決める
STEP2 がん保険でカバーする範囲を決める
STEP3 基準となる保険を定める
STEP4 特約などを選ぶ

STEP1 給付金の受け取り方法を決める

がん保険の基本である「がん診断一時金」と「がん治療給付金」、あなたにとって必要なのはどちらでしょうか?

がん診断一時金とは?


がんと診断された際に、一時金としてまとまった給付金を受け取れる保障です。
治療を受ける前に給付金を給付金を受け取ることができます。
がんの治療費として使うほか、休職による収入減少を補うなど治療以外の目的に使うこともできます。

こんな人におすすめ
〇住宅ローンを組んでいるまたは賃貸にお住まいの方
〇お子さまがいらっしゃる方(教育準備資金のリスクに備えるため)
〇自営業の方(治療費以外の支出の補填のため)

がん治療給付金とは?


がんの治療を受けた際、給付金を受け取る保障です。
治療給付金は、がんの三大治療法と呼ばれる「手術・薬物(抗がん剤など)・放射線」など、所定の治療を受けたとき、給付金を受け取ることができます。

こんな人におすすめ
〇家系にがんが多く罹患が心配な方
〇女性特有のがんが心配な方(再発予防治療が長引くため)
〇保険料をなるべく抑えて備えたい方

STEP2 がん保険でカバーする範囲を決める

がん治療にかかる費用や、療養中の生活費のすべてを、がん保険の給付金だけでまかなう必要はありません。
預貯金の金額や、あなたが加入している健康保険の給付内容(高額療養費制度や傷病手当金など)も確認した上で、がん保険でカバーする範囲を決めましょう。

エコノミー


医療保険に既に加入して治療に備えているが、保険料を抑えてがんの保障を追加したい方

スタンダード


シンプルな保障内容で、治療と収入の補填に備えておきたい方

プレミアム


がんの診断後、収入の心配をせずに治療に専念したい方

STEP3 基準となる保険を定める

あなたが決めたカバー範囲を満たす保険商品のなかから、オプションをできるだけ一旦外したもので比較し、基準となる保険を決めましょう。

STEP4 特約などを選ぶ

STEP3で決めた保険をベースとして、必要な特約を選びましょう。
特約には多くの種類があるので、保険の専門家とも相談しながら特約を選びましょう。

「リアほ」は、担当者とのオンライン面談の際に、あなたの心配事にあわせた様々な特約をご案内します。

使ってみた!Gさん(女性、共働き32歳)の場合

Gさんには、35歳の夫、10歳、8歳の子どもがいます。
共働きで健康には自信がありますが、職場の先輩女性が入院・手術を受けたり、ママ友が病気療養したりする様子を見聞きし、「もし私に何かあったら?」と心配になってきました。

30代になると、女性特有のがんにかかるリスクが高まると知ったEさんは、リアほでがん保険を選んでみることにしました。

住宅ローンや教育費については、夫も働いていてあまり心配がいらないため、治療が長引く場合に備えて、がん治療給付金をメインに、保険を設計することにしました。保険でカバーする範囲も今のところ最小限でよいと思われるので、エコノミータイプを選択します。

診断結果は?

Gさんの希望に合うがん保険は7件みつかりました。
月額保険料535円から備えられるようです。

使ってみた!Hさん(男性、独身35歳)の場合

Hさんは、35歳独身です。曾祖父母の代からHさんの世代までに、がんにかかった人が多い家系に生まれています。

今のところ、健康診断で気になる指摘を受けたり、体調を崩したりしてはいないので、健康なうちにがん保険に加入したいと考えたHさんは、「リアほ」でのがん保険選びに挑戦してみました。

がんで闘病する親類を数多く見てきたHさんは、経済的な不安が患者の精神状態にどれほど重くのしかかるかを痛感しています。そのため、がん診断一時金を受け取ることを希望しました。
また、独身のHさんにとって、休職した場合の収入の減少への対策も大事なので、プレミアムのプランを希望します。

診断結果は?

Hさんの希望に合うがん保険は2件みつかりました。
月額保険料5,750円から備えられるようです。

あなたにぴったりの保険がわかる「リアほ」を使ってみよう

「リアほ」は、保険選びの方程式を組み込んだ、保険診断から契約手続きまでがスマホひとつで完結できるサービスです。いつどこでも自分で自由に保険設計ができ、契約もスマホでそのまま。
※保険商品によってはオンライン面談や書類の郵送も必要になります。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!