約30%が予定キャンセル!20~30代男女に新型コロナウィルス第7波の影響に関するアンケートを実施

スマホで保険契約ができる、正直な保険ガイド「リアほ」開発・運営の株式会社WDC(本社:千葉県船橋市、以下「WDC」代表取締役CEO:上石 泰義(あげいし やすよし))は、20歳~39歳の男女を対象に、新型コロナウィルス第7波が夏のレジャーに及ぼした影響に関するアンケート調査を行いました。

調査概要

対象者:全国・20歳~39歳の男女
サンプル数:300人
調査期間:2022/8/5
調査方法:Webアンケート
調査機関:クロス・マーケティング QiQUMOを利用した自社調査

調査結果

Q1.新型コロナウィルス再拡大の影響で夏の旅行や帰省の予定に変更がありましたか?

20代~30代の男女に、今回の新型コロナウィルス第7派の影響で、夏の旅行や帰省に影響があったか質問したところ、「はい」が27%、「いいえ」が73%となり、3割近くの方が計画を変更していることがわかりました。

東京都在住の方の分析結果

Q1の回答結果を、東京都在住の方のみで集計したところ、「はい」が38.46%、「いいえ」が61.54%となり、計画を変更した方が全国平均と比較して10%以上も多いことがわかりました。

Q2.どのように予定を変更したか教えてください。

Q1で「はい」と回答した方に、どのように予定を変更したのか質問したところ、「旅行や帰省の予定を中止した」が最も多く51.85%、次いで「旅行や帰省の予定を延期した」が22.22%となりました。

Q3.予定の変更によってキャンセル料などマイナスが発生しましたか?

旅行や帰省の予定変更によるキャンセル料などについては34.57%の方が、キャンセル料などがかかりマイナスが発生したと回答しました。

今年の夏は、やっと状況が落ち着いてきて数年ぶりの旅行や帰省を計画していたという方も多いのではないでしょうか。ここに来ての第7波到来で、自主的に行動を制限された方、自身が感染や濃厚接触者になってしまい隔離を余儀なくされ、悔しい思いをされた方も大勢いらっしゃるかと思います。
何も気にせずに旅行や帰省を楽しめる日々が早く戻ることを願っております。

※転載・掲載について
本調査の記事・グラフ・データの引用はリリース転載ではなく下記リンクを出典元としてご記載お願いいたします。(nofollow属性不可)
https://reaho.net/magazine/questionnaire/covid-19/

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)