クレジットカードの審査に落ちたら保険には入れない?

クレジットカードの申込み審査に落ちる理由の一つが、信用情報に問題があるケースです。借金やローンの支払いが遅れたり、代位弁済や債務整理を行うと個人の信用情報に異動情報が登録され、クレジットカードを申し込んでも審査に落ちてしまいます。信用情報はさまざまな会社で共有されていますので、信用情報に問題があると生命保険に加入できるかどうか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、個人の信用情報が生命保険の加入に影響するのか、またその理由について詳しく解説します。

個人の信用情報に傷がつくとは

借金やローンなどの延滞や債務整理を行うと個人の信用情報に異動情報というものが登録されます。この状態を一般的に信用情報に傷がつくと言い、ブラックリスト状態などと呼ぶこともあります。
信用情報に傷がつくとどのような影響があるのか、とくに保険加入に関係するのかどうかについて解説します。

そもそも信用情報機関とは

ブラックリスト状態という言葉を聞いたことがあっても、信用情報機関とは何かを意識したことはない方も多いのではないでしょうか。日本には以下の3つの信用情報機関があり、クレジットカード会社や消費者金融が加盟しています。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

クレジットカード会社などの加盟業者は信用情報機関に利用者の情報を登録し、逆に信用情報機関は加盟業者に対して個人の信用情報を提供します。

信用情報に傷がつく条件

信用情報に異動情報が登録されることを、信用情報に傷がつくと表現することはすでに説明しました。この異動情報が登録される条件には以下のようなものがあります。

  • 支払いを60日以上延滞した
  • 債務を返済できなくなり、代位弁済が行われた
  • 任意整理、自己破産などの債務整理をした

信用情報に傷をつけないため、とくに注意したいのが1つ目の支払い延滞です。信用情報機関には、借り入れやクレジットカード、各種ローンなどの利用状況が登録されており、たとえ不注意で支払いを忘れてしまった場合でも、異動情報が登録されてしまいます。しかも、一度登録された異動情報が消えるまでには多くの場合、5年〜10年という長い期間が必要なのです。

信用情報に傷がつくことによる影響

信用情報に傷がつくとクレジットカードの利用や各種借り入れ、住宅や車のローンを組むことができなくなります。 また新規にクレジットカードの申込みをしても、審査に落ちてしまいます。

なぜなら、クレジットカード会社や銀行などは審査の際、信用情報機関の情報を参考にしており、異動情報が登録されている方には新規の借り入れをさせないためです。

それならば、生命保険の加入にも審査が必要なため、ブラックリスト状態だと生命保険に入れないのではと不安を感じた方もいるのではないでしょうか。 次の項目から、生命保険の加入に信用情報が影響するのかどうかを解説します。

信用情報に傷がついても生命保険には入れる

結論から言うと、信用情報に傷がついた状態でも、生命保険には加入できます。その理由は生命保険の加入審査では、個人の信用情報を参考にしないためです。

生命保険会社は信用情報機関に加盟していない

個人の信用情報は、KSCやJICC、CICなどの信用情報機関に登録されていることをすでに紹介しました。しかし、実はクレジットカード会社、信販会社などと異なり、保険会社は信用情報機関に加盟していません。
信用情報を照会できるのは、信用情報機関に加盟している会社だけです。生命保険会社は信用情報機関には加盟していないため、仕組み上、個人の信用情報を照会することができないのです。
そのため、信用情報に傷がついているからといって保険加入を断られることはまずありません。極端に言えば、任意整理をしていても生命保険に加入できる可能性はあります。

生命保険の審査で重視される経済状態とは

生命保険に限らず、医療保険、がん保険などの各種保険の加入審査で保険会社が重視しているポイントは、

  • 健康状態
  • 経済状態

です。
ここでいう経済状態とは、仕事をしているか、など加入後も継続して保険料を払ってくれそうかどうかという点です。そのため、生命保険の加入希望者が過去に自己破産をしていたとしても、現在は定期的な収入があり、健康状態や年齢などの条件をクリアしていれば、生命保険に加入できます。掛け捨て型の生命保険だけでなく、積み立て型の生命保険や子供の学資保険であっても新規契約は可能です。

契約者貸付制度も利用可能

積立型の生命保険の多くには契約者貸付制度があります。契約者貸付も借り入れの一種なので、信用情報に傷があると契約者貸付制度を利用できないと考える方もいるかもしれませんね。
しかし、実際には信用情報に傷がついていても契約者貸付制度は利用可能です。なぜなら契約者貸付制度は契約中の保険の解約返戻金の一部を借りる、つまり自分で既に支払った保険料が元になっている仕組みのためです。
ただし、解約返戻金が貸付できる金額に満たない場合は利用できないことはおさえておきましょう。

契約者貸付制度で延滞しても信用情報に傷はつかない

契約者貸付制度では、貸付された元金の返済に期限はありませんが、利息は1年ごとに返済しなければいけません。しかし、なかには利息の返済ができない人もいます。
これが銀行のカードローンなどであれば、たとえ利息だけであっても返済が遅れると延滞とみなされ、異動情報が登録される理由になります。
しかし、生命保険会社はそもそも信用情報機関に加盟していないため、利息の支払いを延滞したという情報を登録することはありません。よって契約者貸付を延滞しても信用情報に傷はつきませんが、利息の支払いは忘れないように注意しましょうね。

また同じように生命保険の支払いを滞納しても信用情報に傷がつくことはありませんが、保険が失効する可能性はあります。

まとめ

この記事では、個人の信用情報と生命保険の関係について詳しく解説しました。
生命保険の加入審査では、健康状態や保険料の支払い能力に問題がないかによって加入の可否が判断されます。保険会社は信用情報機関に加盟していないため、信用情報に傷がある方でも保険料の支払い継続性に問題がないと判断されれば保険加入は可能です。
信用情報に傷がついたのが原因でクレジットカードの審査に落ちた経験がある方でも、生命保険に加入できる可能性はありますので、ご安心ください。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!