収入保障保険のメリットとデメリットは?

自分に万が一のことがあった場合、のこされた家族の生活はどうなってしまうのだろう・・・

そんな不安を抱いたときに検討したいのが収入保障保険です。
収入保障保険は、保険期間満了までお給料のように毎月保険金を受け取ることができるので、のこされた家族はその保険金を生活費に充てることができます。

この記事では、収入保障保険のメリットとデメリットについて解説していきます。

■収入保障保険のメリット

  • 割安な保険料で大きな保障を持てる
  • 必要保障額にあわせて無駄なく加入ができる
  • 保険の見直しをあまり気にしなくていい

一般的な定期保険との違い

収入保障保険定期保険の種類のひとつで、一定期間のうちに死亡または高度障害状態になったときに保険金が支払われる保険です。

保険期間中の受け取り保険金額がずっと変わらない一般的な定期保険とは違い、収入保障保険年齢の経過とともに保障額が下がっていくので、より割安な保険料で加入できます。 

生命保険に入るときに悩みがちな保険金額についても、「万が一の場合、のこされた家族は1ヶ月にいくらあれば生活していけるだろう?」ということを目安に考えることができるので、必要な金額をイメージしやすいこともこの保険のメリットです。

毎月10万円の収入保障保険の例
30歳で亡くなったとき 毎月10万円 × 12カ月 × 35年 = 4,200万円
40歳で亡くなったとき 毎月10万円 × 12カ月 × 25年 = 3,000万円
60歳で亡くなったとき 毎月10万円 × 12カ月 × 5年 =  600万円

ただし、毎月受け取れる金額を多く設定すれば保険料もその分、高くなります。

また、契約してすぐに万一のことがあった場合の保障額が最も大きくなっており、加入が早ければ早いほど保険料も安く設定されています。
一定期間ごとの更新がないため、保険金額を長く設定しても保険料が途中で上がってしまう心配がありません。

■割安な保険料で大きな保障を確保

契約してすぐに万一のことがあった場合の保障額が最も大きいとはいうものの、保険期間満了間際(たとえば、65歳満了で65歳で亡くなったとき)に万が一のことが起こってしまった場合にも、収入保障保険には最低数年間分の保険金が支給される最低保証の仕組みがあります。

一般的に、子どもが独立するまでの間というのは多額の費用が必要になりますが、子どもの成長とともにのこされた家族が必要となる生活費も少なくなっていきます。

収入保障保険では、自分で定期的な見直しをしなくても、自動的に保険金が減っていくので、必要保障額にあわせて無駄なく保険で備えることができます。

■収入障保険のデメリット

・解約返戻金がなく貯蓄性はない
・一括で保険金を受け取ると受取総額が8割程度に減る
・受け取った保険金が課税対象となる場合がある

保険金の受け取り方と注意点

収入保障保険は定期保険の一種であるため、保障が一生涯つづくわけではありません。
また、途中で解約したときの解約返戻金や満期金はなく、基本的に掛け捨て型の保険です。(商品によってわずかな解約返戻金がある商品もあります)。

保険金を受け取るときは、毎月保険金を受け取る年金方式か、一括で保険金を受け取るかのどちらかを選択することになります。
一括での受け取りを選択した場合には、保険金の原資となるお金を運用することで得られる運用益が考慮されなくなるため、受取額が8割程度と年金方式と比べて減ることに注意が必要です。

収入保障保険の課税

一般的に死亡保険は、受け取った金額に対して課税される場合があります。

収入保障保険の保険金は、受け取り方によって対象となる税金の種類に違いがあることに注意が必要です。

高度障害状態が原因で高度障害保険金を受け取った場合には非課税扱いです。

死亡が原因で死亡保険金を受け取った場合には税金がかかります。
死亡時の保険金は、相続税の対象となりますが、配偶者が相続する場合には多額の資産がある場合を除いては最終的に非課税となることが多いです。
保険金を一括で受け取った場合には、他の生命保険と同じように相続税だけの課税です。

一方、保険金を年金形式で受け取るときには所得税の対象となります(二重課税とならないよう、2年目以降から課税対象外となります)
ただし、所得税は年金形式にしたことで保険会社が運用した運用益部分に課税されます。

■どんな人におすすめ?

  • 小さな子どもがおり、長い期間の保障を持ちたい人
  • 自営業者やフリーランスの人
  • 家計を支えている世帯主
     
    万が一のときにお金をのこしてあげたい家族がいない場合や、十分な貯蓄があり生活費に困ることがないといった場合には、収入保障保険の加入は必要ない可能性が高いです。
    自身の状況に合わせて加入の検討を行ってください。

■まとめ

収入保障保険のメリットは、見直しをあまり気にせず必要保障額にあわせて無駄なく加入ができ、自分に万が一のことがあった場合にのこされた家族の収入を保障してあげることができることです。
一方で貯蓄性はなく、受け取り方によっては受取総額が減ってしまうこともあるので、まとまったお金を一度に受け取らせてあげたい場合には不向きな保険といえます。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!