独身で40代の場合、どんな保険が必要でしょうか?

病気が気になり始める40代は、必要となる生命保険、医療保険、介護保険、就業不能保険など、加入する保険種類について改めて検討するべき時期とも言えます。
「どんな保険に加入すれば良いのだろう」と考えている人も少なくないでしょう。
 
この記事では、40代で独身の人の目的に合った保障内容、保障額など保険の選び方のポイントについて解説していきます。
 
 
 

■医療保障を充実させておく

 
40代は、それまでと比べて生活習慣病やがんなど、病気の心配ごとが増える年代です。そのため、充実した医療保障を受けられるように備えておく必要があります。 
 
医療保険は、なるべく早めに加入しておくことをおすすめします。
なぜなら、医療保険は健康なうちしか選ぶことができないという理由があるからです。
保険加入の際の告知内容によっては、保険に加入することができなくなることがあります。
 
たとえば、糖尿病や肝機能の数値が高い人は加入できる保険の種類が少なくなり、保険料が高い「引受基準緩和型保険」や「無選択型保険」しか加入できないというケースもあります。
なるべく健康なうちに加入し、備えておく必要があります。
 
医療保険で備えるべきお金は、大きな病気で闘病したときの医療費ばかりではありません。ケガや病気で長期間働けない状態(就業不能)になった場合の生活資金や、場合によっては住宅ローン返済分として備えておく必要があることも前提に、医療保険を検討すると良いでしょう。
 
 
 

■死亡保障は終身保険を活用

 
独身の人の中には「生命保険はいらないかな…」という考えを持っている人も少なくないでしょう。
しかし万が一の時には、お葬式代や墓地・墓石代、寺院費用などさまざまなお金がかかります。
そのようなお金は終身保険などを活用して準備しておくと合理的です。
 
終身保険は、死亡時の保障という性質を持ちながら、貯蓄としての性質もあわせ持っています。
たとえば、十分な貯蓄ができて保障が必要ない段階になったときに、契約を解約すると解約返戻金として払い込んだ保険料の一部が返ってきます。
契約してからの期間に応じて返戻率は上昇していき、払い込んだ保険料を上回る商品もあります。 
 
もし貯蓄があって死後のお金も用意できているのであれば加入しないという選択肢もありますが、終身保険は払い込み総額よりも大きな保険金を残せる商品がほとんどです。
こうしたポイントを踏まえた上で終身保険を検討していきましょう。
 
 
 

■老後に向けた生活設計をはじめましょう

 
人生100年時代と言われる現代において、定年退職した後の老後の資産準備を今から考えておくことも重要です。
今後の資産運用プランを検討していきましょう。
 
まずはじめにあと何年働くかを検討しましょう。
働くことで得られる収入の額が変わるため、しっかり考えておくことが重要です。
近年では定年が伸びてきている傾向にありますが、自分がどのような選択肢をするのかを今のうちから考えておく必要があるでしょう。
 
そして保険以外の資産運用についてもじっくり検討しておく必要があります。
たとえば「つみたてNISA」などの投資。得られた利益は非課税となるためお得ですし、コツコツ積み立てることでリスクも抑えることができます。
定年退職後、老後に向けた資産はあらゆる手段を使って運用していくようにしましょう。
 
 
 

■まとめ

 
40代はライフステージや健康状態に変化が訪れやすい時期なので、保険の見直しには最適な時期です。若いころに加入してそのままになっている保険はありませんか?
健康なうちに保険の見直しをして目的に合わせてスリム化しましょう。
また、お葬式代などの整理資金の備えとして終身保険や、定年退職後には長生きに向けた税金対策、資産運用方法も改めて確認しておくことをおすすめします。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)