保険のプロが入っている保険とは?生命保険外交員歴10年 私の場合

たくさんの保険会社があり、そのなかでさらにたくさんの商品があります。
選択肢がたくさんありすぎて、実際にどのような保険に入ればいいのか分からない方も多いと思います。
ここでは、餅は餅屋という通り実際に保険のプロが入っている保険を、どのような商品にどのような目的のために加入しているのか、私自身が加入している保険をすべてお伝えします。
保険は、人によってそれぞれ違いますが、どのような想いでこの保険に加入しているのかを、ウソ偽りなくお伝えします。
どんな保険を選べばいいか迷っている方に参考にしていただければと思います。

生命保険外交員歴10年 私の場合

まず、後悔していることが1つあります。 
それは、私が生命保険に初めて加入したのが、30歳独身の時だという事です。
独身だったから?まだ30歳なのに?違います。
「もっと早く生命保険に入っておけばよかったーーー!」という後悔です。

生命保険は、年齢が若ければ若いほど、万一や病気のリスクが低いので月々の保険料が安くなります。
やはり、一生モノの生命保険は、少しでも安く入っておきたいものです。
(もちろん、きちんと自分自身にピッタリの保障内容で!)

20代のころを振り返ると、生命保険に入るきっかけは、わりと身近にありました。

・きっかけ1
両親が私のために加入してくれていた保険の満期時に、
両親「自分で払うなら続ければ?」     
私「保険より遊びにお金を使いたい!」
と、あっけなく機会喪失。

・きっかけ2
社会人になり入社式とき、大株主の生命保険会社の営業担当者から、
営業担当者「あんた何歳?結婚している?初任給これくらいだから、月1~2万円払えるでしょ!?保険入りな!」
私「意味が分からない。そして、俺は絶対に死なないし病気にならない!」
と、またしても機会喪失。

きっかけ3
勤務先の会社食堂に常駐していた保険営業の新卒女性に「保険入っていますか?」と声をかけられました。話だけなら聞こうかなと気軽な気持ちで提案を受けることに。
新卒女性1人かと思ったら、マネージャーも同席でちょっと圧倒されてしまい、
新卒女性&マネージャー「この保険がおすすめです!」
私「検討します。」
と、逃れてしまいました。またしても機会喪失。

そのほかにも、多々きっかけはあったのですが、いまいち必要性を感じず、よく分からない、苦手意識から避けていました。
そのあと、30歳で大手生命保険会社にヘッドハンティングされて、最初は「保険営業か・・・なんか苦手だな。」と思っていました。
しかし、声をかけていただいた方からいろいろと話を聞くうちに、保険の必要性や大切さ、まだまだ世の中の生命保険は保険会社都合になっている事実、生命保険はオーダーメイドでキチンと自分自身にピッタリの保険に加入できる!と知りました。
そんな出来事があって私の中で、無駄だと思っていた物がお得な物に変わり、それがきっかけではじめて保険に加入しました。
そしてそのまま生命保険会社へと転職をしました。

私が加入している保険

ここからは、私が加入している保険の歴史を紹介します。

30歳 独身時代 

生命保険会社に転職したタイミングで、人生ではじめて保険に入りました。

1.X生命 終身保険
保険金額:1,000万円(死亡時の保険)
保険期間:終身
保険料払込期間:65歳まで

2.X生命 終身医療保険
給付金額:入院1日あたり10,000円(入院・手術時の保険)
保険期間:終身
保険料払込期間:65歳まで

3.X生命 特定疾病保障終身保険
保険金額:350万円(三大疾病または死亡時の保険)
保険期間:終身
保険料払込期間:65歳まで

31歳 最初の結婚

上記に加えて、1.の終身保険を1,000万円から500万円に保険金額を減らして保険料を下げて、その分の保険料を別の保険へ回しました。
追加したのは次の2つの保険です。
この時点で月々の合計保険料は、約36,000円でした。
「高い!」と思う方もいるかもしれませんが、4.収入保障保険以外は解約返戻金があり、お金が貯まります。なかなか貯金ができない私としては、「保険を持ちつつ、貯蓄できた方がいい」と考えて加入しています。

4.X生命 収入保障保険
保険金額:毎月15万円(死亡時の保険)
保険期間:65歳まで
保険料払込期間:65歳まで

5.X生命 変額終身保険
保険金額:500万円(死亡時の保険)
保険期間:終身
保険料払込期間:65歳まで
 

37歳 離婚

人生、いろいろでして、いろいろあり保険も見直ししました。
1.終身保険と3.特定疾病保障終身保険と4.収入保障保険を解約しました。
解約返戻金が多くあり、非常に助かりました。

38歳 会社設立&2度目の結婚

このタイミングで仲間と会社を設立し、独立しました。
独立したことにより数多くの保険 会社の商品取り扱えるようになりました。
また、自分自身のライフステージが変わったこともあり、自分の保険を見直ししました。
 
5.変額終身保険のみをのこし、すべて解約し、新たに加入した保険がこちらです。

6.A生命 終身医療保険
給付金額:入院1日あたり10,000円(入院・手術時の保険)
保険期間:終身
保険料払込期間:終身払

7.B生命 収入保障保険
保険金額:月額20万円(死亡時の保険)
保険期間:70歳まで
保険料払込期間:70歳まで

 

40歳 子供誕生

「万一時に子供の教育費等ものこさなければ」との想いから、追加で保険に加入しました。

8.C生命 生活習慣病一時金保険
給付金額:生活習慣病一時金100万円、がん診断一時金30万円
保険期間:3年ごとに更新
保険料払込期間:3年

9.B生命 収入保障保険
保険金額:毎月10万円(死亡時の保険)
保険期間:70歳まで
保険料払込期間:70歳まで

10.D生命 変額有期保険
保険金額:500万円(死亡時・介護になったときの保険)
保険期間:70歳まで
保険料払込期間:70歳まで

そして、今に至ります。

まとめ

まとめると、現在加入中の保険はこちらです。
合計保険料:約40,000円/月

5.X生命 変額終身保険:死亡保険金500万円/保険料支払 65歳まで(死亡時の保険)
6.A生命 終身医療保険:入院日額10,000円/保険料支払 終身払(入院・手術時の保険)
7.と9.B生命 収入保障保険:月額30万円/保険料支払・保険期間 70歳まで(死亡時の保険)
8.C生命 生活習慣病一時金保険:生活習慣病一時金100万円+がん診断一時金30万円/保険料支払・保険期間 3年ごとに更新
10.D生命 変額有期保険:死亡保険金500万円/保険料支払・保険期間70歳まで(死亡・介護時の保険)

そのほか、妻の医療保険や大きな疾病に備える保険、子供の学資保険の変わりの変額終身保険にも加入しております。
先にも述べましたが、月々の保険料が多いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私に万一や病気があった時にも家族には、今まで通り以上の生活をしてもらいたいという想いが強い事と、子供の教育資金に向けた貯蓄、老後の貯蓄も考えて加入しているため、高いとは思っていません。保障も、貯蓄もバッチリです!

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
松田 成史 株式会社WDC 取締役副社長
大手精密機器メーカにてNHK/東京キー局に対しTVレンズ・お天気カメラに営業として携わり、トップセールスとなる。 大手保険会社にヘッドハンティングされ、新人賞獲得他、社長賞他数々のタイトルを獲得。2020年6月株式会社WDC創業に取締役副社長として参画。バトミントンで関東大会・私学インターハイ出場経験アリ。極真空手茨城県優勝経験アリ。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)