保険のプロが入っている保険とは?家族を愛し、保険に情熱を捧げる2児のパパの場合

リアほMAGAZINE編集局の工藤です。
生命保険は、日本においては約9割の方が加入しているので身近に感じる方も多いかと思います。
ですがその反面、商品数も多く「どの保険が自分にとってベストなのかよくわからない・・・」と迷ってしまう方もいらっしゃると思います!
ここでは「皆さまの保険選びの参考になればいいな~!」との思いから保険のプロが入っている保険を公開します。

私の現在の家族構成は、妻、子供2人、トイプードル(女の子)です。
保険の選び方は人によってさまざまです。
その理由としては、独身、結婚している、子供の人数、働き方や住まいなどによってベストな保険設計がそれぞれ違うからです。
私の保険加入歴を包み隠さず書いていきますので少しでも参考にしていただけると幸いです。

保険との初めての出会い 

保険加入のきっかけ

私の保険加入の最初のきっかけは友人でした。
当時、私は大学を卒業したばかりのホヤホヤの新社会人。さらには独身でしたので保険に対してまったく興味はありませんでした。

そこへ初めての保険加入のきっかけとなる「友人」から電話が・・・
その友人が保険会社(漢字系生保)に就職した事は知っていたので、電話が来た時は保険の勧誘だとすぐにわかりました!
しかし、その友人とは特に仲が良い友人だったので電話で断ることはなく、友人の話を聞きました。

以下、記憶にある会話の内容です。
友人「今って保険入ってる~?」
私「入ってないよ~」
友人「社会人になったんだから保険入っておきなよ~」
私「そういうものなの?」
友人「普通そうだよ!」
私「なら入るわ」
友人「いくらぐらいなら毎月、払えそう?」
私「いくらが普通なの?」
友人「10,000円ぐらいかな!」
私「了解!じゃあ、それでお願いします!」

こんな感じだったと思います。
今、振り返ると我ながらあり得ない保険加入方法でしたが、当時は「みんながそんな感じなら良いかな。」
という、本当に軽い感じで保険に加入したのが初めての保険との出会いでした。

保険見直しのきっかけ

見直しのきっかけとなったのは義理の兄弟の紹介で会った某保険会社のライフプランナー(以下LP)の方でした。
なぜそのLPの方と紹介経由で会おうと思ったか?
理由は、私が結婚して長男が誕生したからです。

当時は妻と共働きでしたが、万が一、私が亡くなった場合、妻は子供の世話を一人でしないといけなくなります。そうなった場合のことを考えると、妻が1人で子供を育てながら、今と同じように働き続けるのは現実的ではなく、今より収入が減ってしまうかもしれないことに気がつきました。そのため、私が万が一、亡くなっても妻と子供が生活に困ることのないよう保険に加入しました。

LPの方の保険に対する誇りと気持ちが本当に熱く、今でも感動したのを覚えてます。

私の保険加入歴

30歳 長男誕生

合計保険料:約25,000円/月

1.X生命 収入保障保険
保険金額:月額20万円
保険期間:65歳
保険料払込期間:65歳
目的:のこされた家族の生活費と教育費として
私が亡くなったら国から遺族年金が妻に支給されますが、それだけでは足りないので、不足分をカバーするために加入しました。遺族年金を考慮すると、20万円あれば大丈夫!と計算して保険金額を決めました。  

2.X生命 特定疾病保障終身保険 
保険金額:500万円
保険期間:終身
保険料払込期間:65歳
目的:貯蓄、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)への備え
この保険は、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)で所定の状態になったとき、または死亡・高度障害のときに500万円が受け取れる保険です。
30歳を越えて年齢を重ねるごとに、高まる三大疾病のリスクに備えるため、また保険を使って強制的に貯蓄をするために加入しました。

3.X生命 終身医療保険
給付金額:入院1日あたり5,000円、先進医療特約、抗がん剤治療特約
保険期間:終身
保険料払込期間:65歳
目的:病気・ケガの入院の備え

当時はこの保険料に対して高いなんて1ミリも思いませんでした!(これは本当です)
私に万が一のことがあったとき、のこされる妻や子供の事を考えたら安いなと思っていました!

しかし今、振り返ると「この内容だったら複数の保険会社の保険商品を比較して検討すれば、もっと保険料も安くできて、保障内容も充実させられただろう」と後悔しています。

32歳 次男が誕生

守るべき家族が1人増えたので本来は見直しをすべきでしたが、タイミングを逃し、特に見直しはせず。(もしこれで自分に万が一のことが起こっていたら、家族に経済面で大変な思いをさせていたかもしれませんでした。)

33歳 外資系生命保険会社にヘッドハンティングにより転職

自分が保険会社に転職したことがきっかけで、自分で自分と家族の保険を見直しました。
結果として今まで加入していた保険は、解約せずにのこして、新たな保険に追加で加入しました。

合計保険料:約40,000円/月

4.Y生命 変額有期保険 
保険金額:540万円
保険期間:70歳
保険料払込期間:70歳
目的:子供2人の教育資金、老後の生活資金をためるため

35歳 現在の保険会社 株式会社WDCに創業メンバーとして参画 

乗合代理店になり、たくさんの保険会社の保険商品を取り扱えるようになったので、まずは私自身と妻の保険の見直しをしました。

これまで加入していた保険は、4.変額有期保険以外はすべて解約をして、新しい保険に入りなおしました。

・死亡保障の見直し

1.の収入保障保険は解約して下記の保険へ変更しました。
5.A生命 収入保障保険
保険金額:月額30万円
保険期間:65歳
保険料払込期間:65歳
目的:のこされた家族の生活費と教育費として
見直し理由:
他社と比較して割安だった。これまでの保険より、保険料が下がるにも関わらず、保障内容が手厚くなる。
・夫婦が災害で同時に亡くなった場合、子供にのこせる保険金が倍になる特約が無料付帯される。

・医療保障、三大疾病保障の見直し

2.特定疾病保障終身保険と3.終身医療保険を解約して、下記の保険へ変更しました。
保険料は上がりましたが、最新の医療事情にしっかり対応できる非常に充実した保障内容に見直しできました。
また、2.特定疾病保障終身保険は、今まで貯まっていた解約返戻金が戻ってきました。

6.B生命 生活習慣病入院一時給付保険
保険金額:100万円
保険期間:3年ごとに更新
払込期間:3年
目的:8大疾病への備え
見直しの理由:
・3大疾病だけでなく、8大疾病までカバーできる。
・支払い要件が入院(日帰りでも可)で保険金を受け取れる。また、3大疾病は1年ごとに回数無制限で受け取れる。
・3年ごとに提出する健康診断書などによって、健康年齢が判定され保険料が軽減される期待ができる。

7.C生命 終身医療保険 
給付金額:入院1日あたり5,000円
保険期間:終身
払込期間:終身
目的:病気・ケガの入院保障
見直しの理由:
・保険内容がシンプルでわかりやすく、他社と比較して月々の保険料が割安だった。

8.A生命 終身がん保険 
保険金額:がん診断金(上皮内ガンも含む)5万円、がん治療給付金5万円、先進医療2,000万円まで、自由診療抗がん剤治療3,000万円まで
保険期間:終身
払込期間:終身
目的:ガン治療の保障
見直しの理由:
・自由診療に対する保障が手厚く、他社と比較して魅力的だった。

現在加入している保険まとめ

合計保険料:約25,000円

・死亡保障
4.Y生命  変額有期保険(老後資金、教育資金のため) 540万円/70歳まで
5.A生命  収入保障保険 月額30万円/65歳まで

・医療保障
6.B生命 生活習慣病入院一時給付保険 100万円/3年ごとに更新
7.C生命 終身医療保険 日額5,000円
8.A生命 終身がん保険 がん診断金(上皮内ガンも含む)5万、がん治療給付金5万、先進医療2,000万円まで、自由診療抗がん剤治療3,000万円まで

まとめ

保険は、ライフステージの変化とともに定期的に見直しが必要です。
そして、見直しを検討する場合は、複数の保険会社の保険商品を比較検討することをおすすめします。同じような保険内容でも保険会社によって、保険料が異なったり、つけられる特約も各社特徴がありますのでご自身にあった商品を選びましょう。

私の場合は、同じ保険なら最安で、同じ保険料なら保障範囲が広い方がいい、という点をを強く意識しています。

ご自身が本当に安心できる保険に納得できる保険料で入ると、のこりのお金を自分の好きなことに安心してつかえます!
たとえば、
・将来に向けての資産形成のために(変額保険、積立NISA、iDeCoなどなど)
・趣味
・買い物
・外食
・子供の習い事
などなど、今のご自身の人生やこの先の人生を明るくする事ができる可能性が大きくなります

保険は必要に応じて見直しが必要ですが、すべての方に絶対的に見直しが必要というわけではありません。
今、加入している保険があなたにベストなプランであればそのままのこすのが得策です。
ただし、「そもそも加入している保険がベストかどうかわからない」「よくわからなくて漠然と不安だ」など、少しでも心配がある方は、ぜひ保険のプロへ相談してみてくださいね。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
工藤 峻介 株式会社WDC フィナンシャルアテンダー
スタートアップの不動産ディベロッパーでIPOを経験した後、不動産営業にて様々な部門のトップセールスとなり関西支社立ち上げの責任者として従事したのち外資系保険会社のヘッドハンティングにより入社。2021年4月に株式会社WDCに参画。小中高大とバスケ。高校では関東3位の実力。「勝手に八千代応援団」代表 ※千葉県八千代市の社団法人 ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。男の子2人のパパ。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)