節電への関心が低かったのは21歳~23歳!?若い世代の節電に関するアンケートを実施

スマホで保険契約ができる、正直な保険ガイド「リアほ」開発・運営の株式会社WDC(本社:千葉県船橋市、以下「WDC」代表取締役CEO:上石 泰義(あげいし やすよし))は、15歳~29歳の未婚男女を対象に、節電に関する意識調査を行いました。

調査概要

対象者:全国・15歳~29歳の配偶者なし子供なしの男女
サンプル数:300人
調査期間:2022/7/6
調査方法:Webアンケート
調査機関:株式会社クロス・マーケティング

調査結果

Q1.東京電力管内で電力需給ひっ迫注意報が出されていたことは知っていますか?

15歳~29歳の独身男女に、先日出された電力需給ひっ迫注意報について質問したところ、「知っている」が72.33%、「知らない」が27.67%となりました。30%近くの方が知らないと回答し、若い世代の時事ニュースへの関心度がうかがえる結果となりました。

Q2.日常で節電を意識して生活していますか?

日常で節電を意識しているかの質問に対しては、「たまに意識している」が最も多く34.33%、次いで「やや意識している」が26.67%となりました。

Q2の年齢別分析結果

Q2の回答を年齢別に集計したところ、「特に意識していない」の割合が最も多かったのが21歳~23歳の男女となり、「常に意識している」と回答した方は5%と、最も低い結果となりました。

Q3.節電に関して実行していることがあれば教えてください。(複数回答可)

節電に関して実行していることに関しては、「照明をこまめに消す」が最も多く54.33%、次いで「使用していない電化製品の電源を切る」が35%、「エアコンの設定温度を上げる」が28%の順となりました。

※転載・掲載について
本調査の記事・グラフ・データの引用は下記リンクを出典元としてご記載お願いいたします。(nofollow属性不可)

https://reaho.net/magazine/questionnaire/save-energy/

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)