お金が貯まる人と貯まらない人【さんきゅう倉田コラムVol.8】

元国税職員さんきゅう倉田です。好きなお金は「富本銭」です。

ぼくは東京藝術大学が好きで、文化祭や卒業展示に行って学生さんの作品を買うことがあります。数年前から応援している藝大卒の版画家の方が作ったTシャツを着て出かけると、「そのTシャツいいですね」とよく言われます。
先日、どうして雰囲気の似た版画のTシャツを何枚も持っているのか、頻繁に会うテレビのディレクターに聞かれました。

「お金持ちって、画家のパトロンになることがあるじゃないですか。ぼくはまだお金持ちではないけれど、お金持ちのやっていることを真似して、お金持ちに近づこうとしているんです」

ディレクターは「真似しようかな」と言っていました。お金持ちのやっていることを真似し、貧しい人のやっていることを避ければ、お金は貯まりやすくなるし、売上が伸びると信じています。

幸い、国税時代から芸歴13年の今に至るまで、1000人以上の経営者と話をする機会があったし、100万円以上の借金を抱えていてもいつも元気で明るい芸人さんたちにもたくさん会いました。
その中で分析した、お金が貯まる人と貯まらない人の特徴をいくつか紹介します。

お金が貯まらない人の特徴

①給料、月々の支払い、借金、すべての金額を把握していない。

芸人さんは個人事業者なので、毎月の収入が変動します。アルバイトをしている芸人さんも、会社員と比べて変動が大きい。収入を正確に把握しないと、その月にいくら使ってよいのかわかりません
でも、借金があるくらいの人は、収入を把握しません。なんとなく好きなようにお金を使って、カードの支払い残高が増え、返せなくなって残債が貯まっていきます。

さらに、1社では借りられなくなって、他の会社でもつまむようになって、合計でいくらの借金があるのか把握しづらくなります。そうなると、借金を0にするのは容易ではありません。いくら稼いで、月にいくらづつ返せば良いのか全くわからないからです。
せめて、家計簿アプリをつけ始めれば、借金返済に近づきます

②ATMが大好き

お金が貯まらない人はよくATMにいきます。あなたは週に1回くらい行っていませんか?ぼくは先日、3年ぶりにATMに行きました。キャッシュレスでほとんど現金を使わないし、ある程度まとまった金額をおろすようにしているからです。

毎週お金をおろしている人は、どうして1ヶ月分おろさないのでしょうか。未来の支出を予測せず、無計画にお金を使っているのでしょうか。現金を多く持つと使い過ぎてしまうと恐れているのでしょうか。
ぼくには、ATMに行って時間を浪費することの方が恐ろしいです。

③お金が得られると分かっていても面倒だから諦める

コロナ禍で、個人事業者を対象とした多くの給付金が設けられましたが、一部の若手芸人さんが面倒な手続きに辟易して給付金を諦めていると聞きました。調べることすらしなかった芸人さんもいると思います。

アルバイトの時間を10時間減らして、その分給金相談窓口に電話すれば、単位時間あたり10倍以上のお金が得られるのにやらない。他人が努力して解決していることなのに、億劫だと思ってさぼってしまえば、結果がともわなくて当然です。

1億円以上の収入がとある芸人さんは、税理士さんから100万円の給付金がもらえる旨の連絡をうけて、せっせと書類を準備していました。年収が1億円あっても100万円を取りこぼさない。一方、年収が200万円でも100万円を諦める。

お金への執着の違いが、仕事にも影響を与えている気がします。

お金が貯まる人の特徴

①お金の使い方が上手

「お金持ちに共通することがありますか」と、芸人の先輩に聞いたことがあります。
「せやな、ケチが多いなあ」とおっしゃっていました。

「金持ちはケチ」

一般的にもよく聞きます。みんなで食事に行って、一円単位まで割り勘にするとか、お金を払わずに帰るとか、「お金がない、お金がない」と連呼するような「ケチ」ではなく、お金があるからといって無駄なことにお金を使わないという意味だと思っています。
だから、必要だと思ったら支払いを惜しみません。

昔、大阪のクラブに行った時、当時出たばかりだった拙著を紙袋に入れて持って行きました。クラブの美しい調度品の中で、ぼくのデパートの紙袋は不調和も甚だしい。
すぐに紙袋に気づいたママは、「ほな、お祝いで買いましょう」と20冊買ってくださいました。その瞬間、「代わりに、シャンパンを入れよう」とぼくの友人がママの行為に対して、シャンパンを注文しました。
シャンパングラスの中心で永遠に上がり続ける泡を見ながら、お金はこうやって回っていくんだなと学ばせてもらいました。

②怒らない

お金持ちが怒っているところをほとんど見たことがありません。取引先の不払いが続いて督促に追われている社長も不快には思っていたけれど感情を露わにすることはなかったし、会食に仲間が遅刻しても参加している社長たちは文句の一つも言わないし、会社を部下に乗っ取られて愛人を奪われた社長も淡々とその話をしていました。
みんな怒らない。怒ることで得られるものはほとんどなく、失うものの方が多いと分かっているからだと思います。だから、ぼくも怒らないようにしています。そうしていると、いつのまにやら腹が立つことも無くなってしまいました。

さいごに

お金が貯まらない人は、自分の周りの貯まらない人の行動を観察して、裕福な人の行動を本などで学び、ご自身の生活に反映させるとお金が貯まりやすくなるかもしれません。お金が貯まり始めたら、ご一報ください。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
さんきゅう倉田
芸人。ファイナンシャルプランナー。1985年神奈川県生まれ。 大学卒業後、国税専門官試験を受けて東京国税局に入庁。中小法人を対象に法人税や消費税、源泉所得税、印紙税の調査を行ったのち、同局退職。吉本興業の養成所NSCに入学し、芸人となる。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!