40代 中学生の父親「万一の必要保障額をカバーできて万一への不安が安心にかわりました!」

「みんな、保険をどうやって選んでいるんだろう?」
「同じくらいの年代の人はどんな保険に入っているの?」
「みんなどうしてる?」
そんなことが気になっても、「友人や知人にはちょっと聞きづらい」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このシリーズでは、「保険に悩みを抱える方々へ保険選びのリアルな情報をお届けしたい!」というリアほ編集局の想いに協力いただいたお客さまの声を紹介していきます。

保険選びで迷っている方や悩んでいる方はぜひ、参考にしてください!

今回は、40代で中学生のお子さんがいる家庭の体験談を紹介します。

~担当者からのコメント~

今回のお客様は万一の時の家族を守る保障を希望されていました。
ご自身を守る保障(医療保険や特定疾病保険)は十分な保障をお持ちでしたので、ご自身に万一があった時に家族を守るための収入保障保険を提案させていただきました。
保障額は、まず遺族年金を算出したうえで、万一があった場合に現在の生活を維持するために必要な資金と子どもの教育費を確保するための資金を算出して、不足する額を保険でカバーするべき大きさとして決定しました。
お客様も遺族年金では足りない金額を収入保障保険でしっかりカバーできる保障内容に納得いただき、「これで安心です」と言っていただきました
必要な保障額はご家庭によって生活資金や教育プランも異なるため、みんな金額はバラバラですが一般的に必要な保障の大きさは年々減っていくものです。
収入保障保険はだんだん減っていく必要保障額にあわせて無駄なく設計できる保険です。
ご家庭にあった収入保障保険を選ぶポイントは、
今、自分に万一があったら、家族にいくら必要になるのか?
この先、その必要な保障額はどのように推移していくのか?
という点です。
安心できる保険を選ぶ最初のステップとして必要な保障額をしっかり計算することが大切です。
万一の保障に不安をお持ちの方は、まずは「今、自分に万一があったら、家族にいくら必要になるのか?」計算してみましょう。

■家族構成

40代 夫婦、子ども1人(13歳)

※回答者 夫 会社員 

■保険を考えるきっかけは?

「自分に万一があった際の収入保障がなく、不安だったタイミングで担当者の方と出会い相談をさせていただきました。」

■どこで保険相談をしましたか?

「会社で相談させていただきました。」

■相談の流れは?

「保険の相談をする前に家族の事などいろいろお伝えしました。
そのうえで、自分に何かあった際の死亡保障の必要性を改めて気付かせていただきました。」

■どのようなことに気がつきましたか?

「親身に相談に乗っていただき、保険の重要性を再度確認できました。」

■相談して良かったこと、今回保険相談を受けた率直な感想

「親身に相談に乗っていただき、保障に対する不安がなくなり安心に変わりました。契約の手続きまでの流れもスムーズでしたし、今回相談できて良かったです。」

■どんな内容の保険に入りましたか?

・A生命 収入保障保険
保険金額:15万円/月
保障期間:60歳まで  
保険料:約5,000円/月

■お客さまからさいごにひとこと

「今後ともよろしくお願いいたします。」

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
安藤 昭久 株式会社WDC 取締役
大手ガス会社にて社会人軟式野球選手として入社、レギュラー定着。肩を壊して退職し、株式会社ホンダベルノへ転職。約10年間の自動車販売を経て、ヘッドハンティングにより大手保険会社に入社し、新人賞獲得他、数々のタイトルを獲得後、営業所長としてマネジメントに携わる。2020年6月株式会社WDC創業に取締役として参画。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!