30代夫婦 子どもの誕生を機に保険を見直し 保障と貯蓄を兼ねられる保険に 

「みんな、保険をどうやって選んでいるんだろう?」
「同じくらいの年代の人はどんな保険に入っているの?」
「みんなどうしてる?」
そんなことが気になっても、「友人や知人にはちょっと聞きづらい」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このシリーズでは、「保険に悩みを抱える方々へ保険選びのリアルな情報をお届けしたい!」というリアほの想いに協力いただいたお客さまの声を紹介していきます。

今回は30代夫婦で子どもの誕生をきっかけに保険を見直しされたお客様の体験談を紹介します。
こちらのお客さまは結婚されて子どもが成長する段階で、保険の見直しが必要と感じお声がけいただきました。
保険選びで迷っている方や悩んでいる方はぜひ、参考にしてください!

■家族構成

30代夫婦、子ども2人(2歳、0歳)

※回答者 夫

■保険を考えるきっかけは?

「子どもの将来などを考え、保険の見直しをする年頃に子どもが成長してきたためです。」

■どこで保険相談をしましたか?

「WDCのオフィスです。」

■相談の流れは?

「長い人生の中、一般男性の死亡率から入院する可能性の話、リスクに備えながら貯蓄ができるという話には感動しました。」

■どのようなことに気がつきましたか?

「おそらく人生で1回は入院したり通院したり、なにかしらの病気になるのかも、いうことに気づきました。」

■相談して良かったこと、今回保険相談を受けた率直な感想は?

自分にこれからどんなことが起こるのか。家族のことを考える機会がもてました。

■どんな内容の保険に入りましたか?

「医療保険のなかでも保障が充実していて、自分が無理なく支払いをすることができる金額を考えてくれました。」

合計保険料:約21,000円/月
(夫)
・A生命 米ドル建て終身保険
保険金額:30,000ドル
保険期間:終身
保険料:約15,000円/月

・B生命 医療保険(70歳リターン型)
給付金額:入院1日あたり10,000円、先進医療特約 
保険期間:終身
保険料:約6,000円/月

・万一時に家族にのこすための収入保障保険(死亡保険)を次回ご提案予定

~担当者からのコメント~

ご契約をお預かりさせていただき、ありがとうございます。
こちらのお客さまは、前職時代に縁があり今でもお付き合いがあるお客さまです。
当時はまだ独身であり、医療保険と死亡保険(終身)のご契約をお預かりさせていただいていました。
今回、私が総合保険代理店として独立したことを連絡させていただき、その時に子どもの誕生をお聞きしたので、改めて保険の話をさせていただきました。
現状の保険を見直すとともに、万一時に家族へのこす保険の話をしました。
まずは、医療保険を当時の医療保険より保険料が安く、保障範囲が広がる保険へ変更していただき、また子どもの学資保険代わりに米ドル建ての終身保険をご契約いただきました。
次回は、万一時に家族にのこす収入保障保険(死亡保険)について、ご夫婦の考え方や生き方をしっかりとお聞きしご家庭にピッタリ合ったものの提案させていただきます。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
松田 成史 株式会社WDC 取締役副社長
大手精密機器メーカにてNHK/東京キー局に対しTVレンズ・お天気カメラに営業として携わり、トップセールスとなる。 大手保険会社にヘッドハンティングされ、新人賞獲得他、社長賞他数々のタイトルを獲得。2020年6月株式会社WDC創業に取締役副社長として参画。バトミントンで関東大会・私学インターハイ出場経験アリ。極真空手茨城県優勝経験アリ。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)