生命保険のおすすめって?比較サイトとは?選ぶ際に注意すべきポイント!~虎の巻~【FP監修】

生命保険を選ぶ際は、保険商品の比較・検討が大切です。
販売している保険会社や商品によって、同じ種類の生命保険でも細部が異なるからです。
保険商品の比較・検討をする際におすすめの手段が「比較サイト」です。
本記事では、比較サイトについての解説と、生命保険を選ぶ際に注意すべきポイントを解説します。

おすすめの生命保険とは?

人それぞれ生命保険に求めるものが異なるため、それに伴いおすすめの生命保険も異なります。

ご自身にとっておすすめの生命保険を考える際は、生命保険に加入する目的をもとに検討するといいでしょう。

生命保険文化センターが行ったアンケートによると、生命保険に加入する目的の上位は「医療費や入院費のため」「万一のときの家族の保障のため」「万一のときの葬式代のため」「老後資金のため」が占められています。

例えば、「医療費や入院費のため」に生命保険に加入する場合は医療保険がおすすめです。
「万一のときの家族の保障のため」に生命保険に加入する場合は死亡保険がおすすめです。
このように、目的によっておすすめの生命保険の種類は異なります。
まずは、生命保険に加入する目的から整理しましょう。

生命保険の比較サイトとは?

現在、販売されている保険商品は多種多様で、その中からご自身に合う商品を見つけることは大変です。
多くの保険商品を比較・検討するための手段として「比較サイト」があります。
インターネットを利用できる環境があれば、手軽に保険商品の比較・検討ができるため、保険選びの際に利用するツールとしておすすめです。

生命保険の比較サイトでは、名前の通り、保険商品の比較ができます。
比較だけではなく、保険料のシミュレーションができたり、人気ランキングを見ることができたりする比較サイトもあります。

注意点としては、国内で販売されている全ての保険商品を比較しているわけではない、という点です。
比較サイトで取扱のある保険商品は、サイト内のどこかに表示されている「取扱保険会社一覧」にある保険会社の商品のみです。
また、保険会社にある商品の全てが比較サイトに表示されているわけではありません。個別に見積請求や対面相談が必要な商品もあります。

生命保険を選ぶ際に注意すべきポイント

生命保険を選ぶ際に注意すべきポイントをまとめます。
せっかく生命保険に加入しても、万一のときに機能しないと月々の保険料が無駄な支出となってしまいます。

保険商品の内容を理解してから申し込みする

申し込みする保険商品の理解が不十分のまま契約すると、万一のときに十分な保障を得られない危険性があります。

比較サイトやネット保険を経由して生命保険に申し込みする場合は特に注意が必要です。
保険商品の内容や注意点について、保険会社の営業担当者や専門家といった説明をしてくれる人がいない状態で契約を進めるため、保険商品に対する理解が不十分なまま申し込みしてしまう可能性があります。

どのようなときに保険金や給付金が支払われるのか、どのタイミングで支払われるのか、など保険商品によってさまざまです。

例えば、医療保険には通院保障がありますが、病気やケガが原因で通院しただけでは給付金の支払要件を満たさないケースがあります。
詳細を確認すると、入院前や退院後の通院治療を保障する、という記載があると、ただ通院しただけでは給付金が支払われないことがわかります。
通院保障、という名称だけで判断すると、通院したら給付金がもらえると思いがちですが、実際には通院するだけでは給付金の対象にはなりません。

ほかにも、入院給付金など、支払日数に上限があったり、給付金の通算の支給額に上限額に制限があったりするものもあります。

複数の保険会社の商品を比較する

販売している保険会社によって、保障内容が同じでも細部が異なることがあります。
付加できる特約や保険金や給付金が支払われる条件、月々の保険料など、どの保険商品に契約するかで変わります。

ご自身の希望を満たす保険商品が複数あるケースは十分に考えられるため、複数の保険商品を比較・検討し、最適だと思える保険商品に申し込みしましょう。

最適な保険商品が見つからない場合は複数の保険を組み合わせてカバーする

複数の生命保険に申し込みをすると、管理や手続きの負担が大きくなるため、できれば1つの保険商品で完結させたい、と考えている方もいらっしゃるかと思います。

とはいえ、1つの保険商品だけでは、ご自身の希望する保障を上手くカバーできない場合は、複数の保険商品を組み合わせることで解決できます。
その際は、過剰な保障にならないように注意しつつ、それぞれの生命保険でいくら受け取れるかをしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

おすすめの生命保険は人によって異なります。
人によって生命保険を検討する目的が異なるからです。
まずは目的をはっきりさせて、加入する生命保険の種類を決めましょう。

生命保険の種類を決めた後は、申し込む保険商品を探します。
その際には、比較サイトの利用がおすすめです。
比較サイトでは、複数の保険商品を比較・検討でき、保険料の見積もりも行えます。

最後に、実際に生命保険に申し込む際は、保険商品の内容の理解を十分し、複数の保険商品を比較することをおすすめします。
インターネットを利用すると、どこでも簡単に保険商品の比較・検討ができますが、保険商品の理解が難しく、どの保険に加入すべきかわからない、といったこともあるでしょう。
その際は保険の専門家にアドバイスを求めてはいかがでしょうか。

監修者情報

株式会社FP-MYS 代表取締役 工藤 崇
1982年北海道生まれ。相続×Fintechサービス「レタプラ」開発・運営。日本FP協会AFP認定者。2022年夏より金融教育のプロダクト提供。上場企業の多数の執筆・セミナー講師の実績を有する独立型ファイナンシャルプランナー(FP)。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。
リアほ保険診断って何?
リアール

あなたにとって最適な保険へ、
リアほ
がご案内します

TRY!

さっそく保険を
探してみる

入るべき保険がわからない人は…

HELP

質問・相談する

保険のプロに相談したい人は…

0120-68-0909

リアール

お気軽にお問い合わせください!

平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00
(弊社休業日を除く)