変額終身保険のメリットとデメリットは?

変額保険とは、保険料を国内外の株式や債券を中心に運用し、投資信託のように運用実績によって保険金や解約返戻金が変動する保険のことです。

定額タイプの通常の終身保険と比べると、一般的に保険料が低く保険料を抑えながら資産運用をしたい方に向いている保険商品です。

この記事では、変額保険のひとつである変額終身保険のメリットとデメリットを説明していきます。

■変額終身保険の特徴

主な特徴は次の2つです。

・終身保険として必要な金額を確実にのこすことができる
・インフレに強い

将来、インフレが起こると物価が上昇するため、定額タイプの保険の場合、契約したときの死亡保険金では保障が十分でなくなってしまう恐れがあります。
変額終身保険では、運用実績によって保険金額が増える可能性があるので、インフレに備えながら、葬儀費用や万一の場合の整理資金を確保しておくことが可能です。

また、解約しなければ死亡保障は一生涯続くので、保障を持ちながら資産運用を行うことができます。

■メリットとデメリット

・メリット

変額終身保険は、運用実績によって保険金額や解約返戻金が増減しますが、基本保険金額は最低保証されています。

たとえば、1,000万円の保険に加入した場合には、運用実績が悪かった場合でも1,000万円の保険金がもらえます。

また、運用実績が良ければ保険金が増えることもメリットといえます。
保険料は、通常の終身保険より一般的に低いため、できるだけ一生涯の保障を安く用意しておきたい方にも向いています。

・デメリット

解約返戻金については最低保証がないことです。

通常の終身保険であれば、将来の解約返戻金は契約時に確定し、保険料払込終了後に払い込んだ保険料の総額よりも解約返戻金の方が増える場合も多いです。
一方で変額終身保険は、保険料払込終了後であっても、運用実績が悪ければ解約返戻金が払い込んだ保険料の総額を下回るかもしれないデメリットもあります。

■まとめ 

変額終身保険は、通常の定額タイプの終身保険に比べて比較的低い保険料で一生涯の保障を持つことができます。
運用実績によって保険金額の増額が期待でき、定額タイプの終身保険よりもインフレに強いメリットがあります。
死亡保険金は最低保証がある一方で、解約返戻金額は最低保証がありません。
そのため、解約する場合は、運用実績によっては解約返戻金が払い込んだ保険料の総額を下回る可能性があることに注意が必要です。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
リアほMAGAZINE編集局
保険選びのリアルな情報やノウハウをシンプルに分かりやすく解説するリアほ編集局です。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!