リビングニーズ特約って何?

生命保険にある意外と知られていない『リビングニーズ特約』をご存じでしょうか?

リビングニーズ特約は、医師から余命6カ月以内と診断されたときに契約している死亡保険金の一部もしくは全部を生きているときに受け取ることができる特約です。

本来、亡くなられた後に支払われる保険金を生きている時に受け取ることで、人生の最後に悔いのない時間を過ごしたり、経済的に十分な治療を受けられない状況を改善したりすることを目的として考えられました。

■リビングニーズ特約は無料

実は保険契約の際、多くの人がリビングニーズ特約をつけていますが無料で自動的についている場合がほとんどのため、一般的にはあまり知られていないのが実情です。

近年ではほとんどの生命保険につけることができ、また古い保険は契約したあとでもつけられるケースも多いです。
(一部の生命保険会社では取扱いしていない場合もあります。)

リビングニーズ保険金の使い方に制限はありませんので、治療費や生活費、最後の思い出に家族旅行などにも使うことができます。
もしも、医師に判断された余命期間よりも長く生き続けることができた場合や、症状が落ち着いて安定した場合でも、受け取ったお金を返す必要はありません。

■保険金を受け取ったら保険契約はなくなる?

リビングニーズ特約を利用した場合に保険契約がどうなるかは、元の保険金額とリビングニーズ保険金として生きている時に受け取った金額によります。

・保険金の全額を生きているときに受け取った場合

契約は消滅してなくなります。

死亡保険金が3,000万円以上の場合、受け取れる上限金額は3,000万円と定めている保険会社が多いです。

・保険金の一部を生きているときに受け取った場合

契約は残ります。

契約が残る場合は、保険金の一部を前払いしたものとして、生きている時に受け取った分が減らされ、その後の保険料も残った保険金の額に応じて計算されます。そのため保険料は安くなります。

■リビングニーズ保険金に税金はかかるの?

この特約で受け取ったお金は非課税です。

ただし、受け取ったお金を使い切らずに被保険者が亡くなったた場合は、残額がその方の相続財産として相続税の対象となります。

  

したがって、他にも相続財産があり、将来的に相続税が課税される可能性のある方は注意が必要です。

■まとめ

あまり聞きなれない『リビングニーズ特約』どんなものかご理解いただけたでしょうか?
使うかどうかは別として、内容を把握しておくと、もしもの時に役立つ可能性があります。
保険料負担のない便利な特約のため、必要な範囲で上手に使うことで金銭的な不安を減らし、本人だけではなく家族にとっても穏やかな最期を迎えられるようにしたいですね。

※この記事に記載の情報は公開日時点のものです。

この記事をシェア

WRITER'S PROFILE
安藤 昭久 株式会社WDC 取締役
大手ガス会社にて社会人軟式野球選手として入社、レギュラー定着。肩を壊して退職し、株式会社ホンダベルノへ転職。約10年間の自動車販売を経て、ヘッドハンティングにより大手保険会社に入社し、新人賞獲得他、数々のタイトルを獲得後、営業所長としてマネジメントに携わる。2020年6月株式会社WDC創業に取締役として参画。

保険のプロに相談したい人はお気軽にお問い合わせください! 0120-68-0909 平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00(弊社休業日を除く)

あなたはどっち?

  • 保険のことは全くわからない
    プロと話しながら、選びたい

    疑問や悩みを直接解決! プロに相談

    保険のプロがあなたのライフプランに
    しっかりと寄り添って、疑問や悩みを直接解決!

    オンラインで無料相談

  • まずは簡単に自分にあった
    保険を知りたい
    欲しい保険は決まってる
    けど、自分で調べたい

    ロボット保険ガイド リアほ

    ロボットが診断するから、
    一般的な保険営業よりも客観的!
    最適な保険を自分でサクッと探せる保険選び!

    登録して診断スタート!